第3回ダイジェスト

情報へ

2016.06.10

KEYWORD

text:南後由和

  • 既存のものを疑い、書き替える「ハック」。
  • そのままでは結びつかないものを、結びつけて考える。
  • 見えないレイヤーを見せる。
  • 人の心も、マテリアルも、音も、光も扱う。人の気持ちに触れる、温度を持つ人肌のテクノロジー。
  • 建築+αの非分野主義。
  • 異なるものを「重ねる」ことによって、新しい価値を生み出す。
  • ロジックを組み立て、文脈をつくる。
  • キロメーターからデジベルからルクスまで、さまざまなスケールを扱う。
  • 異質なもの同士を結びつけるプロトコルの複数性。
  • 千里のことも一歩のことも同時に見る、ミクロとマクロの行き来。

GUEST PROFILE

齋藤 精一
Seiichi Saito

1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後ArnellGroupにてクリエティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009年-2014年国内外の広告賞にて多数受賞。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師、京都精華大学デザイン学科非常勤講師。2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、六本木アートナイト2015にてメディアアートディレクター。グッドデザイン賞2015審査員。